オトナポケット

生活を豊かにするモノ、紹介します

【レビュー】mineo(マイネオ)のメリットをまとめてみました

      2016/03/05

mineo

どもっ!!こんにちは、タカサキセーゴです!

前回の記事で、mineo(マイネオ)がau端末で使えると知って、現在使っているXperiaに格安SIMを導入する事を決めました。実際の申し込み、運用については既に始めていますが、まず、今回はマイネオのメリットについてまとめたいと思います。

 

mineo(マイネオ)のメリットまとめ

大手企業の安心感

サービス提供元はケイオプティコム、関東の人は聞きなれないかもしれませんが、関西電力系の光インターネットサービスを提供している会社です。KDDIとの繋がりが深いことから、関東で多く展開されている「auひかり」と同じような位置取りの会社ですね。

格安SIMは、提供元の会社が聞いたことのない会社で有ることがたくさんあります。やっぱり名前くらいは知っている会社で使いたいですよね。そういった中で、大手企業が提供しているSIMの1つであるmineoの安心感は1つのメリットではないでしょうか。

 

激安な料金体制

基本的な料金体型は、電話番号の有り無し、データ通信量を500MB、1、3、5,10GBの中からを選ぶだけです。表にしてみるとこんな感じ(2015/9/1より値下げがあったので、データを最新のものに差し替えました、下記はAプランの内容)。

1001(mineoの公式HPより引用)

見てわかるように、とにかく値段が安い

一番高いものでも、2190円でauのスマホ料金の半額以下。僕が契約したプランでは、mineoの中で一番高いデュアルプランの料金ですが、auに支払っていたお金は7000円強あったため、およそ1/3くらいに出費が減りました。

この通信料金の安さが最大のメリット。ガラケーの人も、オプションの見直しや、LINE電話などで無料通話を使えば、mineoを利用したスマホの方が安くなるケースがあると思いますね。

 

端末入手の容易さと、端末の安さ

mineoはau回線を用いるため、auで契約しているほとんどのスマホがそのまま使えます。mineoの公式ホームページでは、使用が確認できている端末について、公開されているので、ぜひ確認してみて下さい。

auのスマートフォンのもう一つのメリットとして、端末の中古価格がdocomo回線を使う同じモデルに比べて安い事が挙げられます。例えば、2016/03/05のXperiaZ3の中古価格は、カカクコムによると、docomo版が38800~59980円なのに対して、au版では31104~47980円とおよそ1万円近く安くなっています。

やはり端末が安く手に入るのは、長期的に見ても節約に繋がると思います。

 

eo光との連携でキャンペーンがある

関西の方に限定されてしまいますが、ケイオプティコムの提供しているeo光を使っていると、得するケースがあるようです。私が申し込んだ時には、eo光を使っているとマイネオの料金が3ヶ月間648円引きになるという、ただでさえ安いのに、さらに安くなるというキャンペーンがありました。

他にも、割引期間が3カ月間延長するといったキャンペーンを打ったりしています。追加回線申し込みの際にも、キャンペーンが適用される事が多いので、ちゃんと申し込む時に、お得なキャンペーンがないか確認しておきましょう。

 

無料のIP電話「LaLaコール」

mineoには、無料で「LaLaコール」と呼ばれる電話料金のオトクなIP電話サービスがついてきます。データ通信を利用した電話機能で、ざっくりいうと「LINEの無料通話に電話番号が付いた」みたいなもの。普段使う電話料金を大幅に安くしてくれるんです。

LaLaコールの利用には、基本料金100円/月(税抜き)がかかるのですが、、mineoを使っている場合は自動的に契約に無料で付いてくるため、負担を掛けずに安い料金での電話が可能になります。

ちなみにLaLaコールの価格は、下記の表のような料金。中でも固定電話に掛ける時に大幅に安くなるので、凄く助かっています。

lalacall price

 

いつ解約しても、解除料金がかからない

mineoはデータ通信のみの契約、音声通話込の契約のどちらの場合でも解約料金は取っていません。ですから一旦申し込んでみて、ちゃんと使えるかどうかを少ない負担で確認することができるんです。

実際にお試しで1カ月使う場合には、発行の事務手数料(3000円)と初月の利用料を合わせた料金。mineoが使いにくくて、やめたい場合に解約金は取られないのでそれ以上のお金はかからないんですよね。これは大きなメリット。

MNPで転出する場合には12カ月以内の場合11,500円がかかります。お試しで使う場合には、電話番号が変わる前提で、新規に申し込んだ方がリスクは少ないと思います。

 

マルチキャリア制を導入

最初はau回線のみの取り扱いだったmineoですが、docomo回線も取り扱う様になりました。そのため、au、docomoの端末から選ぶことができるようになり、対応端末数がとても幅広くなっています。

また、地域によってはauは繋がりにくいけど、docomoなら繋がるという場所もあると思うので、使用する電波を選べるようになったのは大きな利点ですよね。

 

mineoのメリットまとめ

今回、mineoを使っていて感じる複数の利点を挙げさせてもらいました。中でも、やっぱり一番のポイントはauの端末をそのまま使えて、月々の値段を安くできる事。本当にびっくりする程安くなったので、家計が大助かりです。

使い始めて、特に大きな支障も感じていないので、当分大手3キャリア(docomo、au、softbank)には戻ることはなさそうです。

 

<mineoホームページはこちら>

オススメ記事はこちら!!

1
【2016年版ランキング】オススメのSIMフリースマホ、51種類を紹介します!

2015年に格安SIMが大手家電量販店に並んだりと本格化し始めてから、同時にSI ...

2
おすすめの面白いアプリ系マンガ、ランキングベスト20!!【マンガボックス、マンガワン、comico、マガジンポケット】

こんちわっす!せーごです。アプリでマンガ読んでますか?僕は毎日、電車の中で読みま ...

201603012 3
mineoのAプラン、Dプランの通信速度を実際に測定、比較してみました。

どうもこんにちは、せーごです。 今年から使い始めたmineo、現在docomoプ ...

 - mineo ,