オトナポケット

生活を豊かにするモノ、紹介します

【後編】XperiaZ3のキャリアを、auからmineoに変更したよ!

      2015/09/27

前回の記事で、XperiaZ3のmineo切り替えのネット申込みを行いました。2回目ということもあって、スムーズに申込みをすることが出来ました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
XperiaZ3を格安SIMに変更した時の申し込み手順をまとめました。

後編の今回は、mineoのSIMカード到着から、通信の切り替え、メールアドレスの設定までの、設定完了までをレポートします。

<スポンサーリンク>

手順など

mineoのSIMカード到着

ネットでの申込みから2日。SIMカードが家に到着しました。前回も2日で到着したので、対応がスピーディーでとても満足です。

到着した書類は前回のXperiaZ1の時と同じく、A4サイズの封筒と、細長の定型サイズの封筒です。

futo

A4サイズの方にはSIMカードと、設定の手順が書かれた冊子が、そして定型サイズの方は、IDやパスワードが書かれた内容が記載された内容になっています。

前回もこのスタイルでしたが、なんでまとめて送ってこないんでしょうか?一緒に送ってきたら良いのにと思います(もしかしたら、出所が違う?)。前回も、今回も二つは同じ日に届きましたが、地域によっては到着する日が違うかもしれませんね。

中身を確認

定型サイズの封筒には、両面印刷の紙が一枚入っています。これには接続のためのID、パスワード情報が書かれている重要な紙なので、ちゃんと保管しておきましょう。

さらに大きなサイズの封筒の方には、写真のように設定用の冊子とSIMカードが入っています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

今回の設定の大まかな流れ

設定は下記のような流れで行います。全体の所要時間は一時間~一時間半くらいです。

  1. スマホの電源を切る
  2. SIMカードを入れ替える
  3. ネットでMNP転入手続きをする
  4. 30分くらい待つ
  5. 電話が繋がるか試す
  6. スマホのネットを繋ぐ設定をする。

スマホの電源オフ

まずは、XperiaZ3の電源を落とします。本体横の銀色のボタンを長押しして、電源を落としましょう。SIMカードはスマホの中で、常に認識(通信)しているので、電源を落としてから作業するようにして下さい。

SIMカードの交換

SIMカードは本体を背面から見て、左側カバーをめくったスロットの中に入っています。XperiaZ3はnanoSIMなので、カードもスロットも小さくなっていますね。
Exif_JPEG_PICTURE

外すときは、スロットの出っぱりに爪を引っかけて、引き出します。力業で引き出すので、壊さないように注意してください

次に、mineoから送られてきた新しいSIMカードをスロットに入れ、スマホにセットします。新品のSIMカードは、写真のようなカード型の台座に入れて送られてきています。

設定用の冊子を見ると、この台座からSIMカードを外す時に、「金属部分を触らないで下さい」と書かれています。片面、全部金属なのに、そんなの無理じゃん!と思いますが、なんとかして外します(私は触ってもいいように、ポリ手袋を着けて行いました)。

苦心して外したSIMカードを、スロットにセットして本体に戻せばオーケーです(スロットの差し込み方向に注意してください)。ただし、まだここで、電源を入れてはいけません。先に転入手続きが必要です。

MNP転入手続き

この手続きはパソコンで行います。mineoのホームページから、マイページにいう所に入ります。この時に、定型サイズのの封筒に入っていた、IDなどが書かれていた書類が必要になります。

マイページに入ると、下部の方に、MNP転入手続きという項目があります。ここで、台座に書かれている16桁の数字のうち、下4桁を入力すれば転入手続きは終了です。

手続き終了後、回線切り替えに30分ほどかかるので、テレビでも見ながら気長に待ちます。この時、まだスマホの電源を入れちゃダメですよ。

転入手続きして30分経ったら

お待ちかね、ついにスマホの電源を入れましょう。XperiaZ3の場合は、SIMカードを入れ換えてから、特別な画面が立ち上がるなど、という事はありませんでした。

まずは、切換手続きが完了しているか、確認するため、通話テストを行います。電話を「111」にかけて、「試験は終了しました」というコールが流れれば完了しており、電話が使える状況になっています

ネットの設定

ここまでで電話は使えるようになりましたが、まだネットは使えません。ネットを見れるようにするには、別途、設定を行う必要があります。ここまでくれば、もう一息です。

ここからの設定は、もし周りにパソコンやスマホの得意な人がいるなら、その方にお願いした方がいいかもしれません。ゆっくりやればできますが、ちょっと複雑です。今回はXperiaZ3としての、設定でお話しします。

まずは設定画面を開き、「その他の設定→モバイルネットワーク→高度な設定」を順番にタップしていきます。すると、接続画面が現れます。そして、下記のCPA設定から、必要情報を入力すればOKです(パスワードの部分は「mineo」を入力)。

CPA

これで、完了です。最後に繋がるかどうか、ネットで適当なサイトを閲覧してみて下さい。

まとめ

文字にすると長いですが、実際に手を動かしている時間は一時間もありません(転入手続きを待っている時間が一番長いです)。

前編と合わせて、キャリアの切換にかかった時間はトータルで2時間ほどでした。これで、電話料金が半額以下になるわけですから、ありがたい限りです。

スポンサーリンク

オススメ記事はこちら!!

1
【2016年版ランキング】オススメのSIMフリースマホ、51種類を紹介します!

2015年に格安SIMが大手家電量販店に並んだりと本格化し始めてから、同時にSI ...

2
おすすめの面白いアプリ系マンガ、ランキングベスト20!!【マンガボックス、マンガワン、comico、マガジンポケット】

こんちわっす!せーごです。アプリでマンガ読んでますか?僕は毎日、電車の中で読みま ...

201603012 3
mineoのAプラン、Dプランの通信速度を実際に測定、比較してみました。

どうもこんにちは、せーごです。 今年から使い始めたmineo、現在docomoプ ...

 - MVNO(格安SIM) ,