オトナポケット

生活を豊かにするモノ、紹介します

節約が趣味の我が家の「本気節約術」と「節約+貯蓄論」、計39個を紹介します

      2015/09/27

money我が家の趣味は節約です・・・とはいえ、別に無理して生活している訳ではありません。とにかく削れる出費は削りまくり、使う所にはしっかり使う!!という生活をしています。

そこで、今回の記事では、我が家はこんな風に節約してるよーというを公開したいと思います。後ろの方には若干精神論っぽい話もあるので、ちょっと恥ずかしいですが・・・それでは行ってみましょう!!

車関係

新古車を買おう(新車-中古車代節約)

家で車を使っていますか。その車は新車で購入されたでしょうか。もし節約するなら、中古車も視野に入れてみて下さい。というのは、車は誰かに登録されて、少し走るだけでガクンとその価値が落ちるのです。

高級車になればなるほど、そして外車であればなおさら安くなる傾向があります。もちろん高級車を買った方がいいと言っている訳ではありません。例えば、新車のガソリン車を買うのと、新古車でハイブリッド車が同じ値段なら、維持費はハイブリッド車の方が圧倒的に安くなるので、節約のための選択肢の幅を広げましょうという事です。

車の購入方法には、保険も含め色々と安くする方法がありますが、うちでは新車は買わずに、走行距離5000km以内の新古車を買うようにしています。もちろんディーラーで。少し走ってるだけで、全然値段が違います。

JAFは本当に必要?(6000円/年節約)

JAFは年会費が本会員で4000円、家族会員で2000円かかりますが、JAFのロードサービスはバッテリー上がりや事故を起こしてしまった時、便利なサービスなんですよね。今までも何回かお世話になりました。

でも、JAFって本当に必要なサービスなんでしょうか。最近は保険会社がレッカーサービスを提供している所もあります。また、最近の車は賢くて、乗り降りする時にライトを自動で落としてくれるオート機能が付いた車もたくさんあり、バッテリーが飛んでしまう事も少なくなりました。

さらに究極論ですが、JAFは事前に申し込んでいなくても、当日その場で対応してもらう事ができます(当日対応は少し割高ですが)。その上、前述した車の保険にレッカーサービスが付いてるという事を考えると、「別にいらないんじゃない?勿体ないし」という結論に至り、このJAF会員については、申し訳ないですけど打ち切る事にしました。

1人で移動するときに車を使わない

移動手段の中でも節約効果が高い方法は車を使わないこと。となれば自転車が効果的。初期投資は少し高いですが、個人的にオススメなのがgiantの自転車。いわゆるロードバイクの中でも割安で、オススメ(他のメーカーと比べると、同じ値段で1つ上の装備が付いてくるイメージ)。昔乗ってましたが、めちゃくちゃ快適でした。

とはいえ、自転車なんて乗りたくないよって人には、原付がオススメ。今の原付はかなり燃費がよくて、40km/l以上なんてのはざら。さらに125cc以下の原付、原付二種は保険料も安いので、休日の1人移動や通勤をシフトすればかなり効果的に節約できます(ぼくは昔勤めてた会社では、原付で通勤して会社規定の交通費の差し引きするとプラスが出ていました)。

保険関係

車の保険(20000~30000円/年)

ぼくは学生の時から車に乗っていたので(車じゃないと生活できない地域だった)、保険料は、だいぶ納めてきました。保険金額ってスゴイお金掛かりますよね。

学生の時は一般契約で、会社に入ってからは団体保険、そして今はインターネット保険「イーデザイン損保」にしています。インターネット保険は自分でやらないといけない面倒くささがありますけど、やっぱり値段は安いです。

あと重要なのは、年払いにしておくこと。年払いにする事で、会社にもよりますが数%の割引が適用できます。インターネット保険と年払いで年間20000~30000円くらいは節約に貢献してくれています。

生命保険・医療保険

子供が出来てから入るようになった生命保険と医療保険。これらについて、節約という観点では不勉強なんですが、年払いにするようにしています。こちらも車の保険同様に割引が聞くので、今加入している保険が年払いにできるかどうかは確認する事をオススメします。

学資保険

学資保険は節約というよりも、貯蓄のための方法。学資保険に入れとくと、貯蓄すると同時に、お金を使った感覚になり、知らず知らずのうちにお金を貯めておくことができます。

そしてさらに重要なのが、学資保険は税金の還付金申請に使える事。税金の還付金申請(確定申告)は支払いが多いほど還付金額が大きくなる(限度はあります)ので、学資保険をその一部に充てておくのはおススメです。

もう一つポイントを言うなら、住宅ローンを主たる生計者で組んでいる人とは別に契約者を設定する方がオススメ。税金の還付金はその人の収入によって条件が決まるのですが、住宅ローンは組んでから、10年間は一年間につき、新築40万円、中古20万円まで還付金を受けられます。とはいえ、税金の還付金20万円をを超える分の納税をするのは容易くありません。

もし共働きであれば、主たる生計者以外の人に学資保険の契約者になってもらう事で、より効率的に還付金を受ける事ができます。うちはこの理由から、嫁さんを子供の学資保険の契約者に設定しています。

さらに学資保険には、保険会社によって配当金の違いがあるので、きちんと選ぶ事をオススメします。現在、配当利率が高いのはアフラックやソニー損保。110%を超えるビックリするような配当金があります。

ただ、我が家ではかんぽのみの設定。今後、貯蓄性を上げていくために他の学資保険の事も考えていますが、投資信託などで、より利率を上げていく方法を取るかを検討中です。

少し話が逸れましたが、メインの銀行口座から使えないところにお金を移しておく+還付金を利用するというのは節約効果(もとい節税効果)が高いですよ。

地域

通勤に車を使うところに住まない

通勤に車を使うのは、節約の観点から言うととても勿体ない事をしています。よく考えてみましょう。通勤に掛かっているお金は何があるでしょうか。ガソリン代だけ?いえいえ、そんな事ないですよ。

走ればタイヤが減ります。エンジンオイルも汚れて変えなければいけません。そして何よりも車の走行距離が増えます。あくまで概算ですが、250万円の車を買って、燃費20km/lで走る車が1km走るのにかかるお金を概算すると約36円程かかります(車の耐走行距離は10万km、5000kmでオイル交換するとして)。

通勤でその分だけ出してくれればいいですが・・・そんなに出してもらえる会社はないと思うので、僕は通勤に車を使う所は選ばないようにしました。

マル福の充実した地域を選ぶ

子供の医療費ってバカにならないですよね。ただ、ほとんどの地域で子供の医療費については助成があるところがたくさんあります。いわゆる小児医療福祉費支給制度というやつですね。

ただ、注意したいのが、全額助成のところと一部助成のところがあること。不可避のお金でケチるべきものではないですが、割安で済む地域に住んだ方がお得です。気軽に病院にも行けますからね。ぼくの地域は全額助成の地域だったので助かっています。

水道代が安い地域に住む

地域によって大きな差があるのが水道代。水道局は基本的に市の管理なので、住む市が違えば値段が異なります。僕は水道代で選んだわけじゃないですけど、滋賀県は琵琶湖のお蔭で水が安いのでありがたいです。ちなみにこの記事によると、滋賀と奈良で倍ほど水道代が違うそうです。

さらに温泉街の近くでは、お湯が出るため、湯のお金が格安のところがあるとか・・・羨ましい限りです。

雪の降る日は車は使わない

僕が住んでいる地域は、雪が時々降る地域なんですが、スタッドレスは持っていません。雪の日は車には乗らないようにしているんです。

スタッドレスタイヤって高いんですよね。年に何回かしか使わないのに履くのがもったいない。本当にどうしようもない時は、タクシーを使うようにしています。

電車賃

回数券・昼得を使おう(チケット分節約/回)

これまた意外にお金がかかるのが、電車賃。ぼくが住んでいる地域は都市部からかなり離れているので、電車賃が高くなりがち。そんな時に回数券や、昼得きっぷを使うようにしています。

一枚一枚をチケットショップで買うのもいいですけど、行く回数が多い時には、駅で緑の券売機を使ってクレジットカードで買っています。チケットショップ以上に安くなりますし、クレジットカードのポイントも獲得できますからね。

定期券こそクレジットカード払いで(ポイント分節約)

定期券は大きな出費が伴うのが常ですよね。この支払もクレジットカードに充てており、ポイント獲得できるようにしています。無駄にしないためにもおすすめの方法です。

スマートICOCAでポイントが付くように(ポイント分節約)

交通系電子マネーには、ポイントがたまらないものが数多くありますが、ぼくのメインカードはリクルートカード(VISA)で、100円につき1.2ポイントが溜まるようにしています。

関東圏ではよく聞くのはSUICAのビューカードですよね。関東圏の事はあんまり知らないので、記事にはしませんが、ポイントを余すことなく使えるようにしておいた方がいいですよ、

電気代

何が電気代が掛かっているかを知る

光熱費を節約しようと思って、電気を細目に消すことや、冷蔵庫の開け閉めばかり気にしていませんか?もちろんそれらも大事なんですけど、その他にどんな事でお金が掛かっているかを知る事が重要です。

例えば、便利でどこの家庭にでもあるようになったT-falを初めとする、瞬間湯沸かし器。これ、めちゃくちゃ電気料金掛かっています。湯沸かし器を使う時には、必要な時に必要な分だけ湯を沸かすことが重要。一人でしか飲まないのに、800mmも沸かしてたら勿体ないですよ。

他にも、電気式ヒーター。季節家電ですけど、これの電気代は凄まじい。家電製品の中で最高クラスの電気使用量を誇ります。ちなみにそれよりも少しマシなカーペットでをまとめたのがこちら、一時間あたり3円掛かっています。

こういった感じでどれにどんな電気代が掛かっているのか?これを知っておくことが、節約の重要なポイントで、適材適所で必要なところに必要な分だけ使うようにしています。

テレビで省エネ

テレビは結構お金掛かってるんですよ。でも見たいですよね?なら省エネモードにしちゃいましょう。照度を落としてやれば、それだけで省エネになります。意外に暗くして見ていてもずっとしていると気にならないものです。さらに待機電力かけないように、パチパチをつけるようにしています。

電気便座は切る

電気電気温水便座って調べてびっくりしたんですけど、凄いお金掛かってるんですよ。大体1時間1円、一日で24円くらいかかってるんです(うちは常に温めておくタイプのやつ)。ですから、カバーに付け替えておくだけで、その分節約できちゃうんです。ワットチェッカーで調べて、うちでは即座に外しました。

ブレーカーを落とす

あんまり知られてないかもしれませんが、コンセントを差しておくだけで電気代がかかるものがあります。

たとえば、洗濯機。これは通電量が多くて、差しているだけで意外に電気代を食います。毎日使うなら、まだいいんですけど、長期に家を離れるとき、何も使ってないのにお金かかったらもったいないてますよね?

こういったものが勿体ないので、数日間家を離れる時にはブレーカーを落として出掛けるようにしています!どれくらい節約できているかはわかりませんが、何円かは安くなっているはずです。

食費

弁当を作る

普段、お昼御飯はどうしてますか?学生や勤め人のほとんどが昼御飯は外で、もしくは社食、学食で食べているケースが多いのではないでしょうか?

仮に昼御飯に500円使っているとしましょう。1ヶ月で20日出勤するとして、10000円。1年間で12万円、10年で120万円、会社勤め40年で480万円もかかってしまいます!

480万円あれば、何ができますか?アルファードやエルグランドが買えちゃいます。また1年単位で見ても、12万円あれば海外旅行だっていけちゃいますよね。

ちなみにこの値段は1人で働いた場合の話。共働きだったりしたら倍額ですからね。960万円あれば、家がリフォームできちゃいますよ。

水筒を持ち歩く

日本って便利ですよね。自動販売機がどこにでもあって。でもこれも節約にはなかなかのトラップです。1日1本130円ので30日買うと!1ヶ月で、3900円、1年間で46800円!!凄いですよね・・・1日2本買う人はこの倍額ですから・・・ジュース怖い。

通信費

日々がかかるお金の中でも、通信費は特に無駄だと思ってます、形になって残るものでもありませんし・・・。固定費に近いので、如何に減らすかがポイントだと思います。

家のインターネット

なかなか見直すことのない、家のインターネット。おおよそ4000~7000円くらいのお金がお金がかかってるんじゃないでしょうか?

節約するためには二つの方法があって、根本的に安いプロバイダを選ぶか、余計なオプションを無くすか。安くするための方法論は、提供する通信会社によって異なりますが、月5000円以下に抑えられていれば安い部類だと思います。

我が家はeo光の100Mコースを使っていて4667円。1Gコースもeo光にはありますけど、そんな速度使ってまでネットする事はないので、安い方がいいやって事で100Mコース使っています。

固定電話

固定電話は長くて契約している人ほど、見直しましょう。はっきり言ってめちゃくちゃ高いです。NTTの普通の料金だと1800円程度、人によってはそこからナンバーポータビリティなどが上乗せされて、3000円近く掛かっている人も少なくないです。

また、光電話に変えてるから大丈夫だわーっておっしゃっている人もよく考えてみて下さい。光電話も、最低月500円、ナンバーポータビリティなどのセットをつけていれば月1800円程掛かります。

ここで言いたいのは、「ほんとに固定電話使ってますか?」ということです。ぼくは固定電話にかけるお金が勿体ないのでスマホだけですが、住宅ローン審査もクレジットカード審査も困ることはなかったです。

携帯電話があまりにも普及してしまった今、固定電話のメリットは、割安に電話を掛けられることと、災害時くらい。割安に電話を書けるなら、LINEやIP電話があるからなぁ・・・。ぼくはIP電話のLaLaコール使ってますけど、全く問題ないです。

格安SIM

流行りという言葉では終わらせたくない節約。我が家では今年一番の節約効果をもたらしてくれています。以前こちらの記事でまとめましたが、一生でキャリアを使い続けた場合と、格安SIMを使い続けた場合では、おおよそ300~400万円の差が生まれるんです。

mineo

我が家が使っている格安SIMは、mineo。理由は簡単で、もともと持っていたスマホがauだったから。おかげさまで、めちゃくちゃ料金安くなりました。だいたい、12000→3000円/付ちょっと。凄い節約効果を発揮してくれています。

お風呂

風呂の残り湯を使う

よくある節約術ですが、やっぱりオススメ。ぼくの地域は水道代が安い地域ですが、値段に対して、リニアに効いてくる項目でしょう。

すすぎ一回にする

こちらも水道代に直結する項目。便利なもので、最近はすすぎ一回の洗剤が増えました。水道代を節約するのは大事ですね。

水やりに使う

さらに残り湯を活用しているのがこちら。花壇の水やりに残り湯を使う方法。もちろん冷ましてから。一度暖めているので、カルキも抜けていい感じになってると信じています。

一緒にお風呂に入る

一緒にお風呂に入るのはかなり効果的です。お湯の量を少なくできるし、暖め直す必要もない。そういえば北斗晶さんも、一緒に家族でお風呂に入るってテレビで言ってたような・・・節約の他にも、ゆっくり話をする場としてもいいですよ。

その他

不用品は売る

ぼくは結構ミニマリストタイプだと思います。めっちゃ凄い人もいるんで、セミミニマリストかな。断捨離好きなんですよね。でも捨てるにしても、ただ捨てるだけじゃなくて、せっかくですから不用品を売ってお金に変えてしまいましょう。

売る方法はいろいろありますけど、手間がかかっても高く売りたい人はヤフオクで、売るのに手間をかけたくない人はリサイクルショップに売りましょう。

リサイクルショップに売るなら、セカンドストリートがオススメで、売ったお金の1%がPontaのポイントとして貯まりますよ。

普通の口座は引き出し手数料がかからないものにする

口座引き出しに手数料がかかるものを設定してはいけません。手数料ダメ、絶対!!今は手数料がかからない銀行がたくさんあります。

我が家は手数料がかからない口座として「ろうきん」を使っています。基本的にクレジットカードの支払いなので、現金は使わない主義なんですが、それでも手数料に108もしくは216円も取られるのは嫌なので。200円あれば、晩御飯のお肉のグレードアップができますよ。

外食行くならは敢えて昼

友達と会う時、ついつい飲みに行こうよ!!と言っちゃいがちですが、最近は昼に行くようにしています。

子供ができてから、よく朝から昼にかけて外出するようになったのですが、夜ご飯食べるのに比べて、安くて、美味しいものが食べれる事が多いんですよね。

たとえば、普段居酒屋として経営しているところのランチに行くとか。結構美味しいんですよ、しかもその気になれば飲めるし。2件目行きたくても、店が空いてないのも自制をかけるのにいいポイントかもしれません。

確定申告(還付金申請)をする

誰も教えてくれないけど、知っておくとめちゃくちゃ得をするのが確定申告。学資保険の項でも書きましたが、確定申告は住宅ローン、医療費控除、保険(学資保険含)などで還付金を受け取れます。

まずは国税庁のサイト、そして確定申告のhowtoガイドのようなサイトはたくさんあるので、自分の環境を踏まえて、何が申請できるのか、考えてみましょう。

クレジットカード

メイン:リクルートカード

クレジットカードも節約には大きく寄与します。我が家の支払いはほとんどクレジットカードなんですけど、年間150~200万円の支払いがあります。これをメインカードのリクルートプラスで支払うと、2%分のポイントとしておおよそ3~4万円分のポイントを受け取る事ができます(一部はVISAで払っているので、全て2%ではありませんが・・・)。

リクルートポイントなので、使える場所は限定されてしまいますけど、旅行に行くときのじゃらんのポイントやポンパレモールで使わせてもらっています。

サブ:ヨドバシゴールドポイントカード

個人で持っているカードはヨドバシカメラゴールドポイントカードです。どこで買っても1%のヨドバシのポイントが溜まるのは大きい。しかも、家電製品なんて必ず何かしら買いますからね。さらにヨドバシカメラで買い物をする時、現金払いか、このゴールドポイントカードじゃないとポイントが減額されちゃうんですよね。そういう意味でも重要なカードです。

サブ:REX liteカード

嫁さんのカードがこちら。REX Liteカードなので、年会費無料で、1.25%のJデポポイントが貯まる素晴らしいカードです。このJデポのポイントを使えば、クレジットの支払いのうちからポイント分を差し引いてくれます。つまり、買い物したものならなんでも1.25%分割引になるので、めちゃくちゃ便利なクレジットカードな訳です。

精神論

節約に精神論が必要なの?と言われると思います。ここで書いておきたいのは、あくまでぼくはこうしてるよーって話だけなので読み飛ばしてもらっても構いません。

部屋を片付ける

片付けのメリットは二つあります。1つ目は先に示したように不用品を片付けるキッカケができること。家で眠っているものをお金に変えれるのは効果が高いです。2つ目は、いらないものを把握できること。片付けた時に捨てたものは、今後の生活に要らないもの。「これはいらなかったんだと」、認識しておくことは重要な事です。

敢えて値段を気にせずにを買う

語弊のないように、先に書いておきますが、「全てを高いものを買う」というわけではないです。普段から使う、かつ長く使うもの、もしくは趣味の物は値段を気にせずに買った方がいいと思ってます。

ぼくが好きな家電というジャンルは、基本的に値段が高いもの程良いものであるケースがほとんどです。そういった買い物の際、普段から使う冷蔵庫とか、IHクッキングヒーターはお金の出し惜しみはせず、できるだけグレードの高いものを買うようにしています。

グレードの低いものを買ってしまうと、期待から外れたとき、「やっぱり、もう1つグレードをあげておけば良かった」って思うことがあります。逆に高いグレードの物を買っておけば、期待から外れていても、一番高いやつだったし、しょうがないのかなとか、高かったし長く使おうといった自分の中での言い訳の逃げ道ができますよね。

逃げ道を作っておけば、新しいものを買うという方向には走りにくいですから、その選択肢を持つために高いグレードを買っておくことをオススメします。

口コミを大事にする

ステマ、ステマと叫ばれる世の中ですが、やっぱり口コミは正直です。なんでも好きなように言えるネット社会は問題視されがちですが、こういうところではとても効果的に使っていくことができますよね。

節約は口コミに尽きると思ってる位、とても重要なポイントです。というのも世の中の人が多く満足している=あなたも満足しやすいということ。

そして、もうひとつのメリットは自分が使ってる姿を想像できること。この時に、必要、不必要の判断ができるので、買い物の際には口コミの下調べをする事が節約に繋がります。

便利な支払い方法を使わない

Suica、ICOCA、Edy、Waon、今はたくさんお金の支払い方がありますね。ほんとに便利な世の中になりました。他にも電子書籍の購入の支払いもクレジットカードでポンといけるので、とても便利で、本屋さんに行くこともなくなっちゃいましたね。

でも、支払いが便利=お金が出やすいという事を忘れてはいけません。しかも、例に挙げたのは全て電子決済で完了し、現金の受け取りが無いもの。お金を支払う感覚を忘れてしまいます(僕もKindleでマンガを買いすぎてしまうんです・・・)。

究極論、電子決済はお金が無くても買えてしまいますからね・・・怖い世の中です。

家でできる趣味を持つ

ぼくの趣味は子供の成長記録や結婚式のムービー作りといった、動画編集なんですけど、これ全然お金かかかりません。パソコン、ディスプレイ、マウス、タッチパッドがあれば、それだけでできる趣味なので、軽く5年は追加のお金はいりません。

ゴルフなんかも付き合いでいきますけど、やっぱりお金が・・・趣味の世界は自分の範疇のことなので、とやかく言うことではありませんが、バランスを考えると、全てお金のかかる趣味にしない、というのは重要だと思います。

まとめ

節約のコツって生活の中にいっぱい眠ってると思うんですよね。もしこんな節約してるよーというのがあればぜひ教えてもらいたいです!!それでは長文お読み頂きありがとうございました11

スポンサーリンク

オススメ記事はこちら!!

1
【2016年版ランキング】オススメのSIMフリースマホ、51種類を紹介します!

2015年に格安SIMが大手家電量販店に並んだりと本格化し始めてから、同時にSI ...

2
おすすめの面白いアプリ系マンガ、ランキングベスト20!!【マンガボックス、マンガワン、comico、マガジンポケット】

こんちわっす!せーごです。アプリでマンガ読んでますか?僕は毎日、電車の中で読みま ...

201603012 3
mineoのAプラン、Dプランの通信速度を実際に測定、比較してみました。

どうもこんにちは、せーごです。 今年から使い始めたmineo、現在docomoプ ...

 - 節約術 , ,