オトナポケット

生活を豊かにするモノ、紹介します

XperiaZ3の梱包品のおさらいをしましょう!!

      2015/09/27

さてXperiaZ3が販売されてから、もう既に一週間経ちました。使用経過としては全く問題なし、めちゃめちゃ快適に使っています。反応速度も上々、マンガボックスを読むのにも全く苦労していません。kindleはまだダウンロードしていないので、よくわからないですが、恐らく快適でしょう。

さてせっかくなのでXperiaZ3の梱包物についておさらいをしてみたいと思います。

箱の外観

見ての通り外観は至ってシンプルな箱。iphoneを始め、最近のトレンドなのかもしれませんが、箱が非常に小さいことが印象的です。一昔前のガラケーには大層な箱と、ぶっとい説明書が付いてきたものですが、そういったものは見受けられません。では中を開けてみましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

実は既に一回開けてしまっているので、保護フィルムは張り替えてしまっています。本当は表も裏もフィルムが文字で注意書きがされているフィルムが張られているのですが、今回は量販店で購入したので、その場ですぐに剥がして違う保護フィルムを使用しています。

ちなみに私が使用している保護フィルムはray-outの「さらさらタッチ」シリーズです。iphone3Gの時からこのシリーズが好きで、ずっと使い続けています(本当は他のも使用した事はあるんですが、タッチした時に指が引っかかるので、すぐにこれに変えてしまいました)。しかもありがたい事に背面用の保護フィルムも付いています(下記の画像は楽天にリンクしています))。

さて話を戻して、箱の中から色々と物を取り出してみると、充電用の台座、そして台座のはめ変え品(予備?)そしてイヤホンジャックの変換コード、そして写真にはありませんが小さな説明書が付いていました。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみにこの台座、よく見てみると型番が違う事がわかります。入っていたものは45Aと書かれたものと、45Bと書かれたものの2種類が入っていました。今充電は最初からはまっていた45Aでしているのですが、何が違うかよくわかりません。

Exif_JPEG_PICTURE

さらに嫁さんのZ1の台座部分を外してみてみると34Aと書かれていました。Z1とZ3では厚みが違うため同じ台座による充電ができません。台座の根本は同じものにして、はめ込み部分だけで変更する事でコストダウンを図っているのでしょう(消費者としては台座が同じ方がうれしいのですが)。

最近のトレンドかもしれませんがやっぱり箱などの部品は簡素化されていて、とても好感がもてますね。次回はiphone5sやXperiaZ1との比較をするとともに、私にとって最も重要な、kindleの使い心地について記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

オススメ記事はこちら!!

1
【2016年版ランキング】オススメのSIMフリースマホ、51種類を紹介します!

2015年に格安SIMが大手家電量販店に並んだりと本格化し始めてから、同時にSI ...

2
おすすめの面白いアプリ系マンガ、ランキングベスト20!!【マンガボックス、マンガワン、comico、マガジンポケット】

こんちわっす!せーごです。アプリでマンガ読んでますか?僕は毎日、電車の中で読みま ...

201603012 3
mineoのAプラン、Dプランの通信速度を実際に測定、比較してみました。

どうもこんにちは、せーごです。 今年から使い始めたmineo、現在docomoプ ...

 - ガジェット